子どもと遊ぼう!夫を愛そう!人生を楽しもう!!保育士・煩煩ママの元気が出るBLOG。


by bonbonmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

旅行5日目には、キッザニアに行ってきた。

キッザニアというのは、いわゆる職業体験のテーマパークである。
子どもが色んな仕事を体験して、パークで使えるお金をお給料としてもらえるのだ。

会場は9時からだったが、妹家族はなんと7時30分から並んだそうである。
人気のピザ屋、コーラのボトル詰め、お菓子工場のハイチュウ作りを体験させたいからなんだそうだ。聞けば、普通はそのくらいに並んで、やりたい職業をやるのだそうだ。

私たちは会場10分前に着いた。
すでに長蛇の列。みな、意気込みが違う。

会場に入って、煩煩は運転免許講習所で免許証を取りに行った。実際に勉強して試験もあるらしい。
一番乗りで入って、無事に合格。

煩子と煩チビはお花屋さんで、フラワーアレンジメントを体験しに行った。ここも一番乗り。

キッザニアは「子どもの国」なので、大人はガラスの窓から覗くしかない。
窓から見ると、真剣な表情の子ども達。
普段、親と一緒だと「出来ない」「やりたくない」と音を上げそうな事も、黙々とこなしている。
f0222537_20392046.jpg


その後、3人でテーブルマジック
f0222537_20402344.jpg

(マジックを親の前で披露してくれた)

それから、煩チビはパフォーマーになって、観衆の前でダンスを披露したり(煩煩と煩子は恥ずかしがってやらなかった)、煩子が歯科医になったり、煩煩は建設現場で働いたりした。

どれもほとんど待ち時間が無くて、サクサク体験することが出来た。
f0222537_2050530.jpg

煩子の歯科医。患者は人形。
f0222537_2050531.jpg

煩煩がビルメンテナンスをチャレンジしたが、ロッククライミング途中で棄権^^;
f0222537_20524691.jpg

煩チビが化粧品店(?)のお客さんで、メイクしてもらった。
f0222537_20562025.jpg

スイーツの商品開発をする煩子と煩チビ。出来上がったスイーツは美味しかった。
f0222537_20573524.jpg

煩煩の漫画家。はまりすぎる・・・。

3人でテーブルマジックをしたときに、スタッフに「ステージマジシャンもやりませんか?」と声をかけられ、参加することにした。
観覧席もたくさんあって、一般客も見ることが出来た。

30分の練習時間とは思えないほどの出来栄え。
いや、しかし、大勢の(しかも時にはクセのある子もいる)に、芸を仕込むのって、大変だろうなぁ・・・。

f0222537_2102936.jpg
f0222537_2105665.jpg


帰りに、ショーのDVDを無料でもらった。
帰ってきてから何度も繰り返し、DVDを見ているが、ちっともタネがわからない。
子どもに聞いても「絶対教えない」と言われる。
4歳の煩チビですら口を割らないのだから、スタッフも教え方が上手なのだろう。

なんだかんだ言っても、会場の10時から、羽田行きの最終バスに間に合う2時半までいて、1人、6~7種の職業を体験できたのだから、入場料の元は充分とっただろう。

キッザニアを後にして、羽田から女満別に帰ってきた。
空港の外を出ると、信じられないような寒さでビックリした。
やっと北海道に帰ってきたのだ。

3人の子どもを連れての4泊5日の旅。

予算ははるかにオーバーしてしまったけれど、近いうちにまた行きたい。
今度は節約旅行で。



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-29 21:07 | 日常

今日の体重

二日前の食事

朝・トースト、カフェオレ

昼・唐揚げ、サラダ、ラーメン

おやつ・ポテチ少し、コーヒー

夜・無し

昨日の食事

朝・おにぎり一個

昼・お弁当(小さめ)

おやつ・チョコ、おにぎり、コーヒー

夜・無し

そして今日は

朝・カレー

昼・お弁当、みかん

おやつ・チョコ、コーヒー

夜・無し

さっき体重計ったら、54,5㎏!!

仕事から帰ってきたら、糖分欲して、チョコやポテチを大量に食べてしまうけど・・・でも、その後、夕方にトレーニングして、夜ご飯抜いたら少しずつ体重落ちてる。

この前、子ども達に

「お母さんが、『勉強しなさい!』とか、『ヤマハの練習しなさい!!』とか言ったときは、『お母さんも体操しなさい!』って言ってね。」

とお願いした。

子ども達の協力もあって、重い腰を上げて、三日間トレーニングを続けている。

長年、ダイエットの挫折と成功を繰り返してきた結論。

「汗かいて運動。そして夜食べない」

これが一番の近道なんだよね。
今まで、「~~だけ、ダイエット」「食べずに痩せる」なんて言葉に踊らされていたけれど、広告にだまされていた。何度もそういうダイエットしたけれど、一時体重減ってもキープするのは無理。

運動と、食事減。

シンプルで一番効果的なんだけど、それが一番難しい。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-29 20:03 | 日常
旅行4日目は、お台場。

お台場のホテルについたら、部屋のキーがカードでかざすタイプだった。エレベーターまでもカードをかざさないと動かない。
「なんてハイテクなホテルなんだ。」「いやいや、都会は物騒だからエレベーターも制限あるんだ」などと盛り上がった。
私たちが旅行で行くホテルなど、たいていは安宿で鍵もガチャガチャ回す旧式で、もちろんオートロックの機能しかない。
しかも、お台場のシティーホテルだというのに、我が子たちは「また温泉無いホテル?」などとブーイング。湯船に浸かりたいというので、シャワーの後にわざわざお湯を張って4人で入っていた。4人とはもちろん旦那と3人の子ども。
4人で湯船に浸かるって・・・なんだかなぁ。

朝になり、朝食会場に行くと、そこはビジネスマンばかりで私たちは浮きまくっていた。ウエイターがイタリア系のイケメンで、緊張した煩煩が、トレーを渡されて「サンキュー」と言ったが日本語で「1人で持てますか?」と返された。

その日の予定は、午前中に国立科学博物館、午後に上野動物園、夕方にお台場に戻ってレゴハウスと観覧車という計画だった。

国立博物館は私のリクエスト。恐竜が大好きな煩煩に、実物大のトリケラトプスやティラノサウルスを見せたかったのだ。ちょうど博物館の隣に上野動物園があるので、パンダが好きな煩チビのためにスケジュールに組み込んだ。レゴランドというレゴブロックのテーマパークも旅行の目玉の一つだ。

お台場から上野に向かうのに、東京に四年間住んでいた夫が頼りだった。
エスカレーターに乗るのも、改札を通るのも、電車に乗り込むのもヒヤヒヤもの。
何せ、私たちの生活圏内に無いモノばかりだ。

f0222537_1516522.jpg


無事に国立博物館に到着。
カメラを煩煩に渡すと、すっかり「カメラ小僧」になって100枚以上も写真を撮っていた。
さすが国立博物館。館内は広い。化石がたくさん。
おまけに、売店もガチャポンも恐竜グッズ。
煩煩には至福の2時間だったようだ。
f0222537_15184783.jpg

f0222537_15192710.jpg


博物館の次は、隣にある上野動物園。
期待のパンダは・・・・寝ていた。しかも、薄汚れていて汚い。
パンダ大好きの煩チビもイマイチテンション上がらず。
その代わり、子供動物園にいたヤギや豚にふれあって遊んだ。
f0222537_15232088.jpg

係のおばさんが「可愛いでしょ~」と、どや顔で微笑んでいたのだが、私は「こんなの北海道にいたら、そこら中にいるんですけど・・・」と心の中で思った。

上野動物園を出たら、ちょうどお昼を過ぎていた。
よくわからずに通りかかったカフェに入って昼食を食べようと思ったら、オシャレすぎて食べるモノがない。
「海の幸のなんとかかんとかソース和えパスタ」だの、「秋野菜のなんとかかんとかプレート」だの、いつもカレーかラーメンしか食べない私たちにはハードル高過ぎ。

それでも「お腹空いた~」とぼやく子ども達に、何とか食べられそうなケーキとドリンクのセットを注文する。
f0222537_1528438.jpg

やっと出てきたケーキはいつものショートケーキとは違った。
「これ、ホントにケーキなの?」と煩煩。「イチゴは無いの?上に乗ってるの何?」と煩子。
一口食べた煩チビが「まずいッ!!」。

「いいから黙って食え!!」と怒りを抑えた私。
こいつらに都会の味はわからないか。1000円もするセットなのに・・・。

昼からはお台場に戻って、レゴランド。
f0222537_15433122.jpg

汗だくで遊んだ後、徒歩で観覧車へ。

もうそのころには私の足は棒のようになっていた。
タクシーで行こうと何度もごねたが、倹約家の夫には聞き入れられず。
6人でトボトボ歩いた。

大人でも足が痛いのに、黙って歩く煩煩と煩子。我が子ながら、立派。
さすがに4歳の煩チビは足が前に進まなくなった。

可哀想なので、私は煩チビを背負って歩いた。
大都会の真ん中で、何の修行なんだろう・・・これは。
f0222537_15425440.jpg

観覧車に乗った後は、無言でホテルに帰った。
とても疲れた一日だった。上野まで行くのはもうこれきりにしよう。私たちにはネズミーランド3泊くらいでちょうど良かったのかも。

残る日程はあと一日。
そして明日は、キッザニア。



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-27 15:43 | 日常
二日目の夜。
ホテルでお土産を買い込んだ。

迷うのは時間の無駄。
ネズミーランドの土産など、中身は大差ない。
私の友達用と職場用だけ、気に入ったモノを買ったが、ジジ&ババや身内の人や、夫の職場、子ども達のクラスの子、少年団やら習い事のお土産などは最初に目が入ってモノをまとめて買った。
合計2万円弱。こりゃネズミーランドは儲かる訳だ。

3日目はネズミーシー。

パーク内で妹家族と待ち合わせ。
私たちは新浦安のホテルに泊まったが、妹たちはパーク内のホテルに泊まったので、15分前から入場済み。人気アトラクションに待たずに乗れるなんて、羨ましいかぎり。おまけに、シーの夜のショーは部屋の中からみれるらしい。私も同じホテルに予約すれば良かった・・・。

妹家族と合流した後は、妹の案内でアトラクションに乗った。
「次はOOのアトラクションのファストパス(予約券)を取って、待ち時間にOOのアトラクションに乗りたいから、OOの船着き場から船に乗って、アトラクションが終わったらその隣にあるレストランで昼食食べればショーをみながら食べられるから・・・・」
妹の完璧なリサーチはとても助かった。意気込みがまるで違う。
今回の旅に合わせて、妹家族は「トムソーヤ物語」やスターウオーズシリーズ、インディージョーンズシリーズを全巻見て予習してきたそうだ。
一方の私は、ガイドブックすらもっておらず、おまけに煩煩のリュックには目立つドラえもんのキーホルダーが付けっぱなしになっていた。

「お姉ちゃん、ここでドラえもんのキーホルダーはやばいって。夢を壊すことはやめて」と妹に叱られた。

f0222537_1426124.jpg
f0222537_14265042.jpg


煩煩と私と妹家族は絶叫系のアトラクションへ。
煩子と煩チビと夫、私の母は買い物へと二手に分かれてパークを見た後、合流して水上ショーを見た。

ショーを見た後、トイレに向かっていたら、ジャックスパロウの仮装をした白人男性と目があった。
煩子は「格好いい・・・」と目がハート。しばし二人で見とれていたら、側についていたスタッフが「あっちで写真撮れますよ」と教えてくれた。・・・仮装じゃなかったんだ。キャラクターだったのね^^;
f0222537_14343676.jpg


そう言えば、パークのあちこちでキャラクターと一緒に写真を撮れる場所があったのだけれど、ものすごい長蛇の列で驚いた。小さい子ども連れまで「50分待ち」している。
空いている日なのに、50分待ちって・・・普段はどれくらい並んでいるんだろう。

長蛇の列を横目で見ながら、妹とその心理状態を不思議がった。
そこまでして着ぐるみと写真とりたいんだろうか?着ぐるみの中は、バイトの中年オヤジかもしれないのに。
妹と「年賀状にして自慢するのに撮るんじゃない?仲悪い家族でも、キャラクターと一緒に写っていれば幸せに見えるし」と、結論を出した。
そういう私も、来年の年賀状に使うかもしれないが・・・(笑)
f0222537_14535352.jpg


あっと言う間に、夜になった。
関東は学校が始まっていたせいか、空いていた。空いていたのでたくさんアトラクションに乗れた。
道産子の私たちには、暖かいくらいの気温で、コートを着ていたら暑いくらいだった。
周りを見たら、気のせいか北国から来た人ばかりに見えた。
スパイク付きのスノートレーを履いている男の子は多分北海道から来たのだろう。

最初はバカにしていたネズミーランドだけれど、どうしてどうして、やはり「夢の国」だった。

来年か再来年か・・・また来ると思う。今度は妹に習って、リサーチ完璧にして。
30万あったら行けるだろうか?
そう思って、500円貯金を始めた。
子ども達に「また旅行行きたいから500円貯金始める」と宣言すると、子ども達は自分の財布から500円探して寄付してくれた。
私も最近は買い物のたびに、わざと1000円札を出して、500円をおつりにもらうようにしている。

ただ今の金額10,500円。まだまだ先は長い。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-27 14:50 | 日常

甥っ子

アホな子どもをみると、微笑ましい。
私はアホな子どもが好きだ。

そんな事を言ってると、妹は「人の子どもだから言えるんだって」と怒る。

妹の次男U君は、小さい頃から一族のアイドルだった。
ポッチャリ体型に、口癖は「お腹空いた、何か無い?」
よく笑い、すぐに逆上し、そして泣いて、疲れて寝る。

注射は大嫌いで暴れ回り、歯科では診察イスの上で四つん這いになって抵抗したらしい。

シャワーが怖くて、5歳でも赤ちゃん抱っこで髪を洗っていた。
ぬいぐるみが大好きで、とくにゴマアザラシの「ゴマちゃん」は寝るときも一緒だ。

そんなU君が、一年生になった。
ひらがな読みも怪しかったU君だが、なんとか小学校に通い出して私の妹も一安心した。

4ヶ月後、お盆で親戚が集まったとき、いとこの嫁が「学校に子どもを送って行ったら、いつもU君が玄関前の芝生にいるよ」と言った。
「U君~って車から声かけたら、両手に引き抜いた芝生を持って、追いかけてきた」と付け加えた。

無事に通っていると思っていた妹のショックな顔と言ったら・・・(笑)

それでもU君は一族のアイドルなのだ。
アホだっていいではないか。誰からも愛される男の子だ。

最近の妹の悩みは、学校の宿題。
U君は、計算問題をやると一問取り組むたびに、息切れがして心臓がドキドキするそうだ。

なんだか、私の妹が小さかった頃にそっくりで、悩む妹を見るたびに

「遺伝だからしょうがないって!!」と心の中で思うのだった。





★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-27 13:59 | 日常

今日の体重

55.5㎏。
500グラム減ったかも?体重計が壊れたのかな?

昨日の食事。
朝・パンとカフェオレ
昼・たこ焼きとおにぎり二つ
夜・無し
寝る前にチューハイとポテチ

う~ん。かなり不摂生。

夜抜いてるけど、三食食べたらどんどん太るんだよね。
多分、骨格ががっちりしているし、姿勢も悪い(後ろから見たらオヤジみたいだと言われる)から、肉が付きやすい。
必死に遺伝の法則に逆らわないと、すぐに60㎏、70㎏になってしまう。
だから、今の体重を維持するのには一日2食。
ダイエットするなら、その上に1時間のトレーニングを課さなければならない。

もう、何度もダイエットしてきたから、どうやれば痩せるかなんとなくコツはわかっている。
あとは、意志の問題なんだよね・・・何度も言うけど。

昨日の夜、煩子が「そう言えば、お母さんダイエットは?」と言ってくれた。
「そうだね。そうだった。明日は、お母さんと一緒に運動しよう」と約束した。
そうか。自分以外の人間を巻き込めばいいんだ。

これを読んでる皆さんもダイエットしませんか?
もともと痩せている人はいいんです。これ以上平均体重引き下げないで。

ダイエットを考えているみなさん、頑張りましょう。
成功した後を考えるんです。成功して一番やってみたいことをイメージする。

9号の服を着て、美容室へ行く。
そして、子どもの参観日には「痩せたんじゃない?」「綺麗になったね」と称賛の嵐。
もう、デパートに行っても堂々と歩ける。
夫は職場で「奥さん綺麗になった」と言われる。


今日こそ、夜食事抜いた上に、トレーニングするぞ!!


★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-27 13:37 | 日常
最近周りで増えてきているスマホ。

私には必要無いと思っていたのだったが、聞けばオークションに出品するのが簡単だという。趣味のハンドメイド作品を出品したら、内職くらいには稼げるかも?と思って、私もスマホを持つことにした。

しかし文明の利器に弱い私。
今だって、パソコンのキーボードを右手の中指と左手の人差し指で、ポチポチ打っている。小文字やカタカナ変換がスムーズにできないと言ったら、人はあまり信じてくれない。

スマホの指でシュッシュッとやる操作。あれが自信ない。
携帯ショップの店頭で、私はその事をまず相談した。

「機能が少なくて、お風呂で操作できて、指で操作しやすいスマホに機種変えてください」
と私が言うと、スマホ初心者用の「おばさん向け」っぽい携帯を紹介された。
不本意だが仕方がない。
家に帰って操作してみた。

「シュッシュッ・・・あれ?シュッシュッ・・・そこじゃないって!!」

私の指が太いのか、なかなか思うように画面をタッチできない。
おまけに、勝手に色んなアプリがどんどんダウンロードされてくる。
見たかった画面を通り過ぎたら、なかなか探し出せない。
画面がクルクル回る。
来たメールに、いちいちビビる。
・・なんだか目が回ってきた・・・・

だめだ・・・やっぱり私には不要なツールだった。

結局、よくわからない。
説明書見るの嫌いだし。

そして、やっぱり私はパソコンから投稿している。

スマホから投稿できるようになれば楽なのにな。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-27 13:16 | 日常

今日の体重

体重変化無し。

あたりまえだ。食べてるし運動してないもの。

朝・トーストとチョコクロワッサン、ブラックコーヒー

昼・お弁当

おやつ・友だちの家でスナック菓子、コーラなど

夜・サラダ、照り焼きチキン、ご飯、ラーメン

いや~今日は食べたなぁ。おまけに運動しなかった。
意思弱すぎ。

変化無しの毎日。
体重公表して大恥かいてるうえに、自堕落な毎日まで公表しちゃってさ。
この記事になんの意味があるんだろう。

でも、別な見方をすれば、この記録ってとても貴重かも?
世にダイエットの成功談は数あれど、失敗の記録は見た事ない。

『ダイエット決意しました。相変わらず食べてます』ってね。

体重の減らし方は、自信ある。要するに、毎日1時間運動して、夕方以降食べずに飴でもなめてればいいのだ。3か月で5~6キロは落ちる。

ただ、覚悟が足りないだけ。
誰か『凄い太ったよね』って言ってくれないかな。
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-23 22:13 | 日常

今日の体重

56㎏。
そりゃ、2~3日で変わらないよね。

朝・無し

昼・弁当(小さめ)

おやつ・かっぱえびせん一袋(たぶん、この辺にも原因ありそう)

夜・しゃぶしゃぶ(ごはん抜き)

そして、先ほど缶チューハイ一本とチョコレートを食べてしまった。
生理2日目なので、トレーニングはサボった。

仕事中は全然お腹空かないのになぁ・・・帰ってきたらスナックを欲してしまう。そして、風呂上がりにはやはりお酒が飲みたくなる。

いやいや、意志が弱いなぁ。目標が弱すぎるのか?
「結婚式がある」とか「同窓会がある」とか「元彼と会う」とかのイベントあったら、もの凄くやる気出ると思うんだよなぁ~。しょせん、ダイエットしたところで見せるのは旦那だけ(泣)

よし。明日は本気でトレーニング再開しよう。
食事を減らすだけでは効率悪い。やはり運動とセットでなければ!!
★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-22 22:21 | 日常
旅行二日目。

ネズミーランドで妹家族と待ち合わせる。
旅行日程は、妹家族とほぼ同じなのだが、飛行機とホテルは別。
妹が私たちの分まで、飛行機やホテルの予約をしてくれると思ったら大間違い。だって、あの妹だもの。
私が斜に構えて「たかが東京旅行なんて、直前に予約しても間に合うよ」と言っている間に、妹の方は半年前からリサーチして、低予算で最大限リッチなプランを予約していたのだった。

「お姉ちゃん、飛行機の予約した?もう満席だったよ。」と教えられて、慌てて旅行スケジュールを立てた私。
妹は4人家族で4泊5日(航空券・パーク内のホテル・パークチケット込み)で30万円以内で済んだのに、私は6人家族(母を入れて)4泊5日(航空券・新浦安のホテル・パークチケットは別)40万もかかってしまった。(つまり10万は自腹)

今回、とても悔やまれることの一つに「旅行計画は半年前に」。
頑張ってリサーチすれば、北海道からでもけっこう安くあがるようだ。

f0222537_21354411.jpg

(ジャングルクルーズで怖がる煩チビと煩煩)

さて、ネズミーランドで妹家族と合流した私たち。

妹のところは男の子兄弟(5年生&1年生)なので、自然と乗り物もスリルを求めてしまう。

4歳で訳もわからず連れられている煩チビも、怖いモノが大嫌いな煩子も、スプラッシュマウンテンやらビックサンダーマウンテンなど、大人でも身がすくむ乗り物に乗せられる。
それがどんなモノかもわからずに。

子どもって、本当の恐怖に直面すると、「怖い」「嫌だ」も言わずに、黙って硬直するものらしい。
私は恐怖で涙がにじんだ目で、隣で固まる煩チビや煩子を確認した。

「今度は大丈夫、怖くないよ」と4回くらいだまされた後で、スペースマウンテンに乗った。
「怖くない?」と煩子。私が「全然怖くないよ。」と言った側から、館内でアナウンスが流れた。
「帽子、眼鏡など飛ばされることがありますので、注意してください、安全ベルトはしっかり装着してください」


「シートベルトするって事は、怖いやつじゃん!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・」

大声で泣き出した煩子。
騙し騙し列に並んでいたら、旦那が「退出口」を発見した。妹が「見せちゃダメだって」と私の旦那にアイコンタクトを送っていたが、泣いている煩子を不憫に思ってか、途中退場。まったく甘い親だ。
私と煩煩、そして妹とその長男(5年生)が、スペースマウンテンに乗った。

これって、こんなに怖い乗り物だったっけ?

自分の心臓の鼓動を聞きながら、「心臓麻痺では死なないよね・・・」と一抹の不安。
真っ暗闇で加速し、体にGがかかるたびに
「。゜゜(´□`。)°゜たけ~!!たけ~~~!!!(煩煩の名)」を叫ぶ私。
返事が無いので、「もしかしてベルト外れて吹っ飛ばされた?」と心配で、暗闇の中、片手で煩煩の体を探す。

「あんた~~!!大丈夫か~い!!
(((p(≧□≦)q)))」

と私。
「お母さん、触らないでよ~!!
ヾ(。`Д´。)ノ彡」

と煩煩。

マシンを降りた後、腰が抜けてフラフラだった私と妹(子ども達二人は大興奮だった)。
「こりゃ、煩子は乗らなくて正解だったね・・・」と妹。私も同意。

私を待っていた煩子は「もう、ディズニーランド嫌いになった。怖い乗り物ばっかり・・・。」と不満顔。
機嫌を直すためにも、それからはパレードをみたり、シアタータイプのアトラクションを体験したりと、穏やかに過ごした。

f0222537_21491633.jpg

f0222537_2152618.jpg

f0222537_21581365.jpg

f0222537_21525566.jpg


なんだかんだ言っても、やはりパレードには感動した。
独身時代、何度も観たはずなのに、子どもと一緒だというだけで感動が違う。
私は、パレードよりも、それに感動する子ども達の表情をずっと見ていて嬉しかった。

煩煩と煩子が「夢の中みたい。」 「信じられない」と感動している側で、妹が言った。
「あのダンサーも、ほとんどの人が凄い安い時給で働いてるらしいよ。」

妹よ。夢から覚ましてくれてありがとう。

~その3へ続く~
★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2013-01-22 22:08 | 日常