子どもと遊ぼう!夫を愛そう!人生を楽しもう!!保育士・煩煩ママの元気が出るBLOG。


by bonbonmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

煩子のらくがき

水疱瘡が発症中で自宅療養の煩子。
ブツブツ人間のクセに、元気だけは有り余っているから厄介なことこの上ない。
おまけに、「私は病人だから優しくしてね」という迫真の演技も継続中。

「お母さん・・・何か美味しい物飲みたい。水じゃなくてジュース。私、水疱瘡だから喉乾いちゃうの」
・・・走り回って喉が渇いただけなのだが。
「あのね・・・私ね、お兄ちゃんいなくて寂しいからDVD借りてきて観たいの。」
・・・いつも兄とケンカばかりのクセに。
「私、水疱瘡だから朝ご飯食べられないの。でも、お菓子だったら食べられるけど・・・。」
・・・無理して食べなくてもいいのに。
なんだかんだで、一日中、ブツブツ人間に振り回されている私。

やっと静かになった・・・やれやれ、と一息ついたのもつかの間。
「静かなときはイタズラしていると思え」
全世界中の母親が知っている金言だ。

台所にいた煩子の背後に忍び寄る。

何と、もうすぐ4歳になるのに冷蔵庫にイタズラ書き!!

「(#`д´)ナニヤッツトンジャァ・・・・

・・・・おっ?(*・ω・)」

見ると何とも可愛らしい顔が2つ。

煩子「これがね、私」
f0222537_14222527.jpg

煩子「こっちがね、お母さん」
f0222537_14313669.jpg

f0222537_14235936.jpg


「可愛いね~!!いい絵だね、これ。うん。何だか好きだわ~この絵。」
何となく、怒るタイミングの逃してしまったが、一応言っておいた。
私「この絵はお母さん気に入ったから、そのままにしておくけど、今度からは、お母さんが描いて良いって言ったところに描いてね。」

怒られるのかとビクビクしていた煩子はホッとしていたのでありました。
f0222537_14261785.jpg


前回も言ったが、まあ、私も丸くなったものだ。
2~3年前なら、もっと怒りの沸点が低かった。
冷蔵庫にこんなイタズラ書きされた時には、もう懲罰物だった。

私の怒りの沸点が低くなったからであろうか?
煩子は煩煩よりも、伸び伸びと育っているように思う。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-30 14:28 | 日常

煩チビとイチゴ狩り

f0222537_141549.jpg

月曜日(煩子の水疱瘡が発覚する前)。

サークルのバス遠足で、イチゴ狩りに行ってきた。
バスで30分。N農園だ。

水疱瘡や風邪が流行していて、出席していたのは親子6組。
それに大型バス一台貸し切りなのだから、優雅な遠足だった。

考えてみたら、チビと二人でこんなイベントに参加するのは初めてかも。
たいてい兄姉のオマケみたいに荷物化しているし、私が仕事の時には託児所に半日預けているので、二人だけで過ごす時間がほとんどない。

二人で参加するイベントは、信じられないくらい楽チン楽しい。
そもそも、私が声を荒げて怒る場面がない。
まれにあったとしても、「ほら。アップ!でしょ」と言って頬をふくらます程度。

「アップ!」だって。
鬼と言われた私もずいぶん丸くなったものだ。

炎天下の中、約一時間。
苺を食べたり、売店のジェラードを食べたり。
食べてばかりの一時間だったけど、食べながらサークルの友達とお喋りできて、とても楽しかった。
お喋りと言っても、超毒舌会でお互いの子を笑い物にしていただけだったのだが、それがまた楽しかった。

料金はちょっと高いけれど、シーズンが終わらないうちに煩子と煩煩も連れてきたいな。
苺はいつまで楽しめるのかな~?

f0222537_1404677.jpg


★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-30 14:01 | 日常

パワーUP

X町の幼稚園で水疱瘡が流行りだした頃から、我が家では毎朝、二人の子どもの全身を水疱瘡チェックしていた。
今か、今かと待っていた水疱瘡。
「なかなか水疱瘡にならないね・・・。」との私の言葉に、子ども達が不思議そうに尋ねた。
「ねえ、水疱瘡になった方がいいの?お母さん。」
私は答えた。
「水疱瘡はね、子どもの時になった方がいいの。大人になってかかったら、死にそうになるくらい苦しい事になるんだよ。
子どもの時に水疱瘡になったら、もうパワーUPして水疱瘡にかからない体になるの。進化してスーパー人間になれるんだよ。」

その言葉に目を輝かせていた子ども達。

それ以来、汗疹(あせも)や虫さされ指しては「お母さん!水疱瘡になったよ!!」と空振り連発の子ども達。
そのたびに、私は何度がっかりしたことか。

そんな日々に終止符が打たれた。

昨日、幼稚園から帰宅後。
何となく母としての第六感が働いて、煩子の服をめくってみた。
そこには明らかな水疱瘡の兆候が。

煩煩を友人宅の家へ預けに行った際、友人二人が煩子の背中を見て言った。

「おめでとう、水疱瘡だね。」

二人に「良かったね」「おめでとう」と言われ、テンションが上がった煩子。

その後、病院へ行くと、受付の人や看護婦、待合室の人にまで「あのね、水疱瘡になったの」と得意気に背中を見せる煩子。
待合室の親子には嫌な顔をされ、ただちに看護婦によって隔離室に連行されたのは言うまでもない(汗)

病院から帰ってくると、グッタリの煩子。
熱は39度。

可哀想に・・・


と、思えたのも昨日まで。

一晩明けたら、絶好調の煩子。

熱は下がったが、予防接種をしていないので、全身に水疱が。
水疱だらけの体を見ると、ちょっとグロい・・・。
抱きつかれると、我が子ながらゾゾゾ・・・と鳥肌もの(ごめん、煩子)
30カ所ほど水疱ができたが、幸いにも痒みは無く、夜もグッスリ。昼寝もする(これから痒くなるのかな?)


私は今週と来週、仕事のお休みはいただけて、さあ、煩子とゆっくりすごすぞ!と覚悟を決めていたはずなのに、もう持て余している。
これから一週間・・・いや、煩煩、煩チビ、と感染が広がると2~3週間になるかもしれない。
長い長い引きこもり生活に突入した。



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-29 13:25 | 日常

レビュー色々

今月の一番はこれ。
映画「SEX AND THE CITY2」

セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー[SEX AND THE CITY THE MOVIE]<¥1,500廉価版> [DVD]

エイベックス・エンタテインメント


(上のは映画第一作目)

自分へのご褒美に、旦那に煩チビを預けて、映画に行ってきた。
選んだのは大好きな「SEX AND THE CITY」
ドラマシリーズが大好きで、2年前も第一作目の映画を観た。

第一作目は、文句の付けようがないほど、素敵なストーリーだったけれど、今回の2作目は「ファンサービス映画」のような感じ。
はっきりいって、ドラマを見てない人には苦痛の2時間半かも(笑)
もちろん、マニアの私には至福の2時間半だったけど。

特に好きなシーンは、ミランダ(弁護士・一児の母)とシャーロット(専業主婦・二児の母)のぶっちゃけトーク。
「子育てってこんなに大変だと思わなかった!」
「私、時々子どもが疎ましく感じるの。ダメな母親!」
「だって当然よ。子育てって重労働ですもの!」
そして・・・
「世界中の母親に乾杯!!」
と二人でカクテルを飲む。

今まではファッション・恋愛・SEXの話題ばかりだったけど、40代を過ぎた女同士が、子育ての話をするなんて、現実的で共感できた。
他のシーンは、まるで夢物語でウットリだったけど。

まだ、このドラマを見ていない人は、DVDで要チェックです。

そんな私が大好きな「SEX AND THE CITY」だったけど、残念ながらドラマシリーズは終わってしまった。
もうセリフ覚えてるくらい繰り返し観たし。
次に楽しめるドラマは無いかな~と思っていたところに、出会ったのがこのドラマ。

偶然、BS放送で観て、それ以来夢中になってしまった。
それが「華麗なるペテン師」

華麗なるペテン師たち [DVD]

NHKエンタープライズ



私はアメリカの「ERシリーズ」や「24シリーズ」も好きだったけれど、何となく「ドタバタしてるな~」って感じだった。演技が大げさで、スマートじゃないのだ。ストーリーは好きだったけど。

その点、このドラマシリーズは私の好みにピッタリはまった。
やっぱりイギリスBBC制作のドラマはセンスが光っている。

ストーリーは一話完結。
5人チームの詐欺師たちが、毎回、ターゲットを変えて、鮮やかな騙しのテクニックを見せる。
本当に鮮やかすぎて、時々、視聴者も騙される。
「やばいよ~!今回は絶対失敗だよ!!」とテレビの前で焦っていたら、実は視聴者も騙されていました。というのがオチ。

モヤモヤ感が残らず、見終わった後は気分爽快。
昔の映画でポールニューマンとロバートレットフォードが出ていた「スティング」という映画が私は大好きなんだけど、その映画と雰囲気が似ている。

「段取り」「ひっかけ」「種明かし」そしてセンスの良いオチ。

あ~続きが見たい。
ちなみにBSドラマは第2シーズンで終わっていて、第3シーズンは8月から放送されるとか。
今から忘れないようにしなければ。

次に紹介するのは本。
やっと読めた。図書館の司書さんが「大変お待たせしました」と言って、一番に貸してくれたけれど、ずいぶん待たされた。

天地明察

冲方 丁 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



日本製の暦を初めて作った渋川晴海の物語。
実在の人物で、ほぼ史実にもとった話だと聞いて、ますます楽しく読んだ。

数学の話、天文学の話、囲碁の話。
こんな取っ付きにくいテーマを、エンターテイメントに仕上げるとは。
主人公が数学に魅せられている姿が、とてもいい。
そう言えば、私も中学までは数学が大好きだったな~と思い出した。

好きだった問題は「図形の角度」を求める問い。
世界のどんな常識が変わっても、その角度は絶対に答えが一つ。
そんな数学の世界が好きだった。
高校に入って高度な数学になると落ちこぼれましたけど(笑)

数学や天文学の話は、素人でもよくわかるように解説してあるけれど、なにせ、やっぱり江戸時代の話だから、時代小説を読み慣れていない人には、ちょっと難解かも・・・の本です。

その他、この2週間で読んだ本。

時代小説の楽しみ〈5〉江戸市井図絵 (新潮文庫)

新潮社

スコア:


これは棚ぼた本だった。
時代小説の人気作家達の短編集。
珠玉の名作ばかりで、オススメ。

夜行観覧車

湊 かなえ / 双葉社


最近、湊かなえさんの本、面白くないように感じていたけど(「告白」が面白かったから余計に)、この本は面白かった。
ラストは強引な気がしたけど。
やっぱりハッピーエンドじゃない方が、この人の本は面白いように思う。

この他にも、ただ今「太宰治・全集」と「芥川龍之介・全集」を図書館から借りている。

今さらだけど、原点回帰なのです。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-24 12:56 | 読書

子どもの楽園

子どもの楽園を目指している。
口うるさく干渉する親から離れ、思いっきり遊べる空間が好きだ。

先月から私は煩煩と煩子にこんな提案をした。

「月曜日と金曜日は、遊びに来たい友達がいたら、何人でも呼んでいいよ。
友達を仲間はずれにして、来ちゃダメとか言っちゃダメだよ。誰でも呼んでいいから。
その代わり、家にカバンを置いてからお母さんに送ってもらって、と言いなさい。」


火曜日は英語教室、水曜日は私の仕事、木曜日は柔道少年団。
なので、月曜日と金曜日しか呼べないのだが。
週にたった二日間だけど、その二日間を思いっきり遊ぼうと私は決意した。

最初は1~2人だった友達が、日を追う事に多くなり。
先週は、7~8人も来てくれるようになった。

もちろん、そんな人数、家の中に入れることは出来ない。
外遊びだ。
ホースの先から水を出してかけあっこ。
外遊び用の畑を掘って、水路を作る。
泥が出来たら、裸足になって泥まみれ。

時々、私をチラチラ見る子ども達が、また可愛い。
アイコンタクトで「汚してもいい?」と聞いてくる。
私が目でGOサインを送ると、もう歯止めがきかなくなるほど、服がコテコテに汚れていく。

4~5歳にもなると、大人の言うことをきちんと守ってくれるから、また遊びやすい。
それでも、よっぽど酷いことがあれば私も容赦なく叱る。
私に怒鳴られて「ビクッ!」と顔をこわばらせる子どももいる。
両親以外の大人に怒られたことなど、あまり経験がないのだろう。
私は「恐いおばさん」という立場にあえてなろうと思う。

だいたい夕方五時になる頃、それぞれ母親達が迎えに来る。

体中泥んこの子は、外で裸になって頭から水をかける。
足だけ泥んこの子は、玄関のタライの水で足を洗う。

迎えに来て、顔をしかめる母親もいるが、そんな母親達の顔を見ているのも楽しい(笑)
「こんなに汚してしまってすみません」と心にもない言葉で謝罪する。きっと、次回は汚れても良い服で送り出すはずだ。

子ども達が帰った後、私は心地よい疲れを感じる。
今日一日、子ども達とたくさん遊べたこと。
満足感で一杯になる。

煩煩は、来年から小学校。
いつまでこうして友達を呼んで外遊びしてくれるのかな。
数年後に振り返って、「平成22年の夏は、一番充実していて楽しかった。」そう思うのかもしれない。

先日、同じクラスのY君のお母さんが教えてくれた。
Y君は一人っ子で、お母さんは毎日お仕事なのだ。
そのお母さんが、
「昨日はありがとうございます。
帰ってきてから、ずっと外遊びの事を夢中で話してくれて、夕方6時に喋り疲れて眠ってしまったんです。
そのまま朝まで目を覚まさなかったんです。」
と言っていた。

遊び疲れて眠るY君を想像して頬笑ましく思った。

我が家はボロいし、狭いし、汚いけれど。
でも、気兼ねなく思いっきり遊べる「子どもの楽園」になればいいな~と思うのだ。

残念ながら、先週末から水疱瘡の流行で、子ども達は来てくれなくなったけど。
それが収束したら、またいつでもウエルカムだ。

ようこそ、煩煩ハウスへ。
思いっきり遊んでいってちょうだい。







★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-24 11:39 | 日常

家族離散の危機?

昨日の夜。
夜9時をまわって、すでに家族5人全員が布団に入っていた。

暗闇の中、二段ベットの下段から煩子がとんでもないことをつぶやいた。

煩子「ねぇ・・・お父さん。お母さんの事好き?」

何を突然言い出すのか。深刻な声で。
だが、子どもの真剣な問いは、いつだって受け止めなければならぬ。
さぁ、どう答えるのか、夫よ。

ご存じ煩煩パパ、脳みそも筋肉でできているほどの体育会系男子。
惚れた腫れたの話題は大の苦手なのだ。
私は笑いをこらえながら、返事を待っていた。

なかなか質問に答えない夫。

煩子「ねえ!お父さんてば。お母さんの事好き?」

「・・・・別に。( ̄д ̄)」

おうおう、そうきたか。
数年前、「結婚してくれ」と泣きつかんばかりにすがってきたのはどこのどいつだ?
そう言う態度ならこっちにも考えがある。

「ええ~!大変だ。お父さん、お母さんのこと好きじゃなくなったんだって。
これは離婚だわ。」


煩煩「離婚って何?」

「お父さんとお母さんが好きじゃなくなったら、別々に離れて暮らすんだよ。
お母さんね、もうお父さんに嫌われちゃったから、明日から別の家で暮らすわ。
煩煩、煩子、元気で暮らすんだよ。」


煩煩「ダメだよ!お父さん、ご飯も作れないし、お母さんいないと何もできないもん!!」

「そうだね・・・そうしたら、煩煩と煩子とチビとお母さんで暮らそうか。
お父さんが家から出て行ってもらおうか。」


煩煩「・・・・・・。」
煩子「・・・・・。」

無言になってしまった子ども達に夫が助け船を出した。

「お前ら、お母さんに騙されるな。お母さんはいつも嘘ばっかり言うだろ。本気にするなよ。」

夫にそう言われて、安心して眠りについた煩煩。

ところが、煩子はその後も寝付けなかったようで。
10分ぐらい経った後、突然深刻な声で聞いた。

煩子「・・・お父さん。私のことは好き?」

「好きだよ~。」

私の時とは違い、速攻で答えた夫。
煩子はこれが心配だったのか。今度こそは眠れるかと思ったのだが、まだ眠れない様子。

それからしばらく経って、言った言葉。

煩子 「ねえ、お母さん。

もっと可愛くなったら、お父さん、好きになってくれるよ。(´∀`) 」
 



il||li _| ̄|○ il||l

・・・・娘に同情された私でした。



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-23 20:12 | 日常

私はあまり虫が得意ではない。

それでも10年前は職業上、幼稚園児の採集した昆虫を教室で一緒に飼育したり、図鑑で調べたりもしていた。
お散歩でドングリを大量に拾ってきたときには、教室が「ドングリ虫」だらけになった。白くて小さいウジ虫みたいな昆虫が這い回っているのを、園児に拾わせて、透明なケースに入れて家に持ち帰らせていた。(おそらく家庭では母親達が悲鳴を上げていただろう)

仕事がそんな環境だったので、他の人よりは多少、虫に免疫があったはずなのだ。

でも、X町に転居してから、今までの経験値が0になってしまった。

X町の虫は、怖い。
ハッキリ言って、他の町とはケタが違う。

大きさ、俊敏さ、パワー、見た目の恐ろしさ、どれをとってもけた違いだ。
田舎育ちの私が言うんだから本当だ。

X町には、まことしやかに語られている「都市伝説」が三つある。

1つ目。
「X町のアリはアリの巣コロリのケースを持ち上げる」

X町のアリはとても大きい。
暑くなると、ほとんどの家で大発生する。
古い家だとなおさら。
畳の隙間、柱の根元、窓枠など。
どこからともなくやってきて、家の中で大行列。
最初にそれを発見したとき、私は驚いて「アリの巣コロリ」を買ってきて家の下に置いた。
近所のおばさんがそれを見て笑った。
「そんなの効かないよ。噴霧器でクスリを家の周りに吹き付けないと。」と。
サークルの友人も
「X町のアリは巨大だからね。アリの大群がアリの巣コロリのケースを持ち上げて、場所を移動したところ見たことあるよ。」と言っていた。
本当かどうか真偽は定かではないが、背筋も凍る話である。

2つ目。
「X町の虫は、虫除けスプレーが効かない。」

今年も私はすでに20カ所以上虫に刺されている。
刺されやすいO型人間であるのと、子どもの外遊びに付き合っているのが災いしているのは確かだ。
それでも、毎年毎年、虫除けをしてもさっぱり効かないのはどうしてか?
うちの旦那が、職場で聞いた話。
「X町の虫は、市販の虫除けは効かないらしいぞ。町内のK薬局にだけ売っているハッカ成分が入った虫除けだけ効くんだって。」
その話を聞いた去年。
私は実際にK薬局で虫除けを買ってきて使用していた。
だけど相変わらず刺される私の足。
噂はK薬局が流したデマなのか?
それともX町の虫が、K薬局のクスリに耐性がついて進化したのか。
今となってはわからないが。

3つ目。
「便所コオロギには知能がある。」

X町には、「便所コオロギ」と呼ばれる、ゴキブリとコオロギの交配種のような昆虫がいる。
生命力が強く、すばしっこく、見た目もグロテスク。
X町では「昨日、便所コオロギ出てさ~」と日常会話に出てくる。
私はそれが何なのかしばらくわからなかった。
ママ友達が我が家の外で子どもを遊ばせている時に、「これが便所コオロギだよ」と教えてくれた。
サークルでも「便所コオロギ」が話題になることがある。
「便所コオロギは、叩こうとかまえたら、反撃して顔面に飛んでくる。」らしいのだ。
本当だろうか?
昆虫にも知能があるのだろうか?
もしかしたらX町だけなのかもしれない。

アリの巣コロリを運ぶ虫。
虫除けが効かない虫。
攻撃してくる便所コオロギ。

森と川が多く、夏は気温が暑くなるX町という土壌が、虫を進化させているのかも知れない。

そんなX町の片隅で。
今日も土を掘り返して、虫を採集する我が息子煩煩。

最近、昆虫採集にはまっていて、地中に住む虫に夢中だ。
プラスチックの飼育箱に土を入れ、地中の虫を入れて飼っている。
エサは死んだ(殺した?)蛾の幼虫など。

家に入れて観察したいと言うのを、私は自らが防波堤になり食い止めている。

「そのケースを絶対に家に入れないで!!」

私は虫があまり得意ではない。

でも私の息子は虫が大好きだ。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-19 16:33 | 日常

久しぶりの更新

ずいぶんご無沙汰してました。
皆さんお元気でしたか?

何せ、X町暑くて暑くて。
今週はなんと32.9度を記録し、「全国一暑い町」だったとか。
こんな北国で。
冬はマイナス20度にもなるこの町で。
一体、沖縄や九州は何やってるんでしょう。
夏こそ根性入れてもらわなきゃ困りますよ。
何度も言いますが、私は暑いのは大の苦手で。

しかも今週は仕事がギチギチで。
水曜日の夜なんかは、体が悲鳴をあげて目眩を起こし、布団に横になってました。

その上、昨日。
幼稚園から帰ってきた煩煩が鼻の下に発疹。
先生の「水ぼうそうでは・・・?」の言葉に狂喜乱舞。

やっと・・・やっと感染してくれた。

非情な母親だと思われるかも知れないけれど、誰もが避けて通れない伝染病。水疱瘡やら、おたふく、そして新型インフルエンザも含めて、我が子にはとっとと感染して欲しいのです。
任意接種なので予防注射は受けていない。
水疱瘡になったら、きっと全身ブチブチ。
私も子どもも地獄を見るのはわかってる。
でも覚悟も出来ているから、早く終わらせて欲しい。

そんな水疱瘡が、やっと感染してくれた。
運動会前に(実は水疱瘡児童多くて、来月に延期になった)。
お泊まり会前に(来月中旬、お泊まり会)。

心なしかワクワクして病院行ったのだけど。

「発疹一つじゃ何とも言えませんね。明日になって全身に広がれば水疱瘡でしょう」と医者。

祈る思いで朝を迎えたけれど。
・・・発疹消滅。虫さされか、ニキビだったのか。

あ~あ。
残念。
また今日から「いつ水疱瘡にかかるのか」とヤキモキしながら過ごすハメに。


と、こんな事があり、バタバタしていたここ数日でした。

暑さと疲れで、グッタリしていた今週。

無事に私は35歳の誕生日を迎えました。
メール下さった皆さん、ありがとうございます。

誕生日は皆さんのメールで気がつきました。
ケーキを買いに行く余裕もなく、1人でビール飲んで終わりました。

でも、35歳って、嬉しい響き。
何となく「大人の女」?
ゾクゾクするような良い響きじゃありませんか。

ダラダラと長くなりましたが、とりあえず私の近況でした。



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-19 15:38 | 日常

自由の女神

嬉しすぎて、朝の5時に起きてしまった。
まるで遠足の朝の子どもと一緒だ。

今日、私は貯まりに貯まった旦那の借りを返してもらうために自由の時間をもらった。
これは、近々迎える私の誕生日プレゼントでもある。

4月から・・・いや3月くらいから、旦那は土日祝日ずっと仕事だった。金曜日と土曜日の夜は当然のように飲み会。月に1~2度は泊まりがけで留守。
その間、私はこの日のためにずっと耐えてきた。
虎視眈々と・・・
「みていろよ・・・この借りは必ず返してもらうから」
そう思うと、子どもの相手をするのも、3人の風呂を入れるのも、夜に何冊も絵本を読むのも苦では無かった。

そして、待ちに待った今日。

私は自由を手に入れた!!

f0222537_8324390.jpg

(自由の権利を獲得した煩煩ママの図)

久しぶりの1人で外出。
悲しいことに、着ていく服が無い。
タンスに入っているのはジーンズと地味なカットソーばかり。
やっと見つけた明るいオレンジのTシャツを着ると、心が軽くなる。

しばらく使っていなかったマスカラははフタが固くなっていた。
アイシャドウも久しぶりだから、付ける加減がわからない。

嬉しかったのは、小さいバックで良いこと。
三種の神器である「オムツ」「お尻拭き」「マグ」も今日は不要。

準備していたら旦那がボソリと聞いた。

旦那「お昼は帰ってくるの?」

何をトチ狂っているのか。
帰ってこないに決まっているではないか。
台所にあるカップ麺とおにぎりが目に入らないのか。

煩煩と煩子にも幼稚園に行く準備をさせる。

「今日のお迎えはお父さんだからね。帰ってきたらたくさん遊んでもらいなさい。」
ああ、3人の子どもと離れて、自分だけが外出なんて、良心が痛んで心がはち切れそう・・・(ぷぷぷ)

旦那が言う。

旦那「さっきから煩チビが大量にパン食べてるんだけど・・・」
「あら~そう。それはたくさんウンチが出るわねぇ~」

自分でオムツ替えをしないとわかっていると気が楽だ。
チビよ、私が行った後、ウンチするんだよ。

煩煩、煩子を幼稚園に送り出し、私も準備が終わった。

「あ~あ。1人で外出なんて、滅多にないから嬉しいわ~。
煩チビ~良い子にして待ってるんだよ。」

そうつぶやいたら

旦那「最近、俺、子ども預かること多くない?」

「・・・・・。」
聞かなかったふりをする。

さて、もうすぐ朝の九時。
家を出たら、まずゆっくりショッピング。

その後、喫茶店に入って早めのランチ。
時間があればアロママッサージでもしてこようかな。

昼にはお楽しみの映画。
あ~~~嬉しすぎて、「くうっ・・・」って言葉が出てきちゃう。

今、子どもを寝かしつけてるママさんたち、ゴメン。
今、子どもが愚図って泣いているママさんたち、ゴメン。
今、仕事と家事で疲れ切って休んでいるママさんたち、ゴメン。

私、これから1人で楽しんできます。

まさか、こんな幸せな日が。
私にやってくると思わなかった・・・・。

f0222537_8521693.jpg

(イメージ図)

では、行ってきます!!



★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-07 08:54 | 日常

水攻め

やっと暖かくなってきた。
昨日までは、朝晩にストーブを点けていたというのに、今日は20度越え。

夏が近づくと、使える戦術。
それが「水攻め」
f0222537_22175333.jpg

朝からビニールプールに子ども達を誘い入れる。
さすがに水だと生死に関わる。ここは北の町。まだ風は冷たいのだ。

武士の情けで、お風呂からお湯を引いてやる。
湯船3杯分ぐらいはお湯を使っている。
ガス代&水道代で血の涙を流す私。
子どもはさながら「露天風呂」にでも入っているかのようなくつろぎっぷり。

朝の九時半から11時まで。
煩煩が「もう手がシワシワになったよう・・・」と泣きが入ったところで、水攻めから解放。
それでも、よほど楽しかったのか、煩子も煩チビも「お湯から上がりたくない」と号泣。
f0222537_22241825.jpg

f0222537_22253168.jpg


そして、水から揚げた後には、朝作っておいた大量のお握りを食べさせる。
寝かせることなく、そのまま午後に読み聞かせの「お話し会」へGO。

ノックアウト寸前の子どもを引き連れて、「子どもが寝たら今日は旦那もいないし、1人でビールです」と話していたら、ボランティア仲間のベテラン保育士が「子育て楽しんでるね~」と言われた。
「楽しいですよ~凄く」
心から言えた。
もう、これは体育会系の部活と変わらない。

とことんまで自らの肉体を酷使して、子どもの遊びに付き合う。
そして、疲れさせて、たらふく食べさせて、コロリと倒す(寝かす)。
その後の1人ビールが何と美味しいことか!!

お陰様で、今日は3匹とも7時過ぎには就寝。
煩煩なんて、しぶとく元気が有り余っていたから、夕方6時頃、「その辺を自転車でひとっ走りしておいで。」とラストスパートをかけた(笑)
そして、これがその成果。

読みたかった本を読んで、見たいテレビを見て、お菓子片手にビールを飲む。
今はパソコンまで開いてるしね。

今日も、明日も、旦那は日中仕事、夜も飲み会。(二晩続けて飲み会とか・・・)
おまけに、今月はほとんど土日留守。

その見返りを私は要求した。

何と、明後日の月曜日。
私は家事・育児免除!!

「もうそろそろ私の誕生日なんだよね。
いつもプレゼントもらってないし、今年はプレゼント欲しいの。
物は要らんから、自由な時間を一日頂戴!!」


今月、ずっと土日不在の旦那は嫌とは言えなかった。
かくして、私は月曜日、自由な時間を手に入れたのである。

自由だ。

自由だ!!


私は自由だ~~~~~~!!



楽しみだったSEX AND THE CITY2の映画を見に行こう。
このドラマ、凄く好きだし、前作の映画も2年前のプチ家出事件の時に見に行ったのだ(笑)

その後は買い物をして、喫茶店に入って。

自分へのご褒美に、アロママッサージもしてこようかな~と思っている。

その為にも、今月は頑張るのだ!!


明日も水攻めにしよう・・・・。

★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-06-05 22:42 | 日常