子どもと遊ぼう!夫を愛そう!人生を楽しもう!!保育士・煩煩ママの元気が出るBLOG。


by bonbonmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 81 )

おそろしい子

7歳の煩子は、クラスの人気者だ。

穏やかな笑顔。すらりと伸びた手足。背筋を伸ばし、物静かに先生の話を聞く姿は、まさに優等生。家と学校での姿にギャップが大きすぎて、私としては苦笑いなのだが。

そんな煩子は、1年生の頃から学校のチンピラ少年I君のお目付け役。
I君は、小さい子を見ると石を投げ、先生の言うことなんか聞いたこともなく、私にも『クソババア!!』とあり得ないような暴言をはく筋金入りのギャングだ。
そんなI君と席も隣か前後、体育でもいつもペアなのが煩子なのだ。

2年生になってからも、席はI君の隣だった。『ブス』と言われても無視。叩かれても耐えた。ふざけて首を絞められた時には私も腹が立ったが、『いいの。先生に言わないで。子どもの力で首絞められても死なないから』と、冷静な煩子だった。

そんな煩子も、クラスで席替えがあると聞いたときには狂喜乱舞。今か今かと席替えの日を指折り数えて待っていた。

そして今週、念願の席替えがあった。

『やっとI君と席はなれた~!!』

大喜びで帰宅した煩子。そして、はにかみながら言った。

『それにね・・・K君の隣になったの

ギャ~《*≧∀≦》』


ソファーに顔を埋める煩子。そう。K君は今、煩子のイチオシの男子で、バレンタインのチョコ交換もした両想いの関係なのだ。

『あのね、今日ね、帰るときにランドセル廊下から持ってこようとしたら、K君が持ってきてくれたの!!
そしたら、Mちゃんが、「K君て煩子ちゃんの事好きなんじゃないの?」だって。
両想いだってことバレちゃったかも(≧∇≦)』


煩子の毎日は薔薇色のようだ。

そんな煩子の宿題を見ている時、ひどく汚い字であることを注意した。

『そんな汚い字だったら女子力下がるよ。K君隣にいるなら、字が汚いってバレちゃうじゃん』
と私。

すると煩子が言った。

『いいのK君に嫌われても。N君も私の事好きだから、好きな人N君に変える。N君、可愛い顔してるし優しいし…』


この歳で男子選り好み出来るとは…
ちょっと羨ましいけど

おそろしい子…
f0222537_20244557.jpg

[PR]
by bonbonmama | 2014-06-13 19:42

朝の散歩

朝のウォーキングが、ダイエット目的ではなくなってきた。

仕事や人間関係の悩み事を歩きながら考える。

スマホにダウンロードした曲は100曲以上。バラードは避けて、アップテンポばかり。

ガンガン歩いて、脳内でネガティブ思考からポジティブ思考に変換する。みぞおち辺りにズーンと沈んでいた塊が、不思議と軽くなってくる。
夜にはあんなに悩んでいたのに、朝日を浴びるとこんなにも切り替えられるのか。

三週間くらい前に負傷した足の指も、良くなってきた。全治三週間と言われた通りだった。

また明日も歩こう。

私のウォーキングおすすめ曲
・フットルース(映画フットルース)
・WeGotTheBeat(ゴーゴーズ)
・Wings(リトルミックス)
・WeFoundLove(リアーナ)
・Wannabe(スパイスガール)
などなど

年代もジャンルも違うけどアゲアゲ(死語?)の曲ばかり。

おすすめしたい曲まだまだあるので、追って紹介。
ウォーキング始めようとしている人は是非♪
[PR]
by bonbonmama | 2014-06-10 20:28

敵はスーパーにあり

前に働いていた幼稚園で、とっても子ども好き&世間話好きなパート仲間がいた。

私が『スーパーで園児や園児の母親に会うのって嫌ですよね~。』と言ったら、

『えっ?私、凄く嬉しいけど。見つけたら遠くから手を振っちゃう。この前も園児の母親と時間忘れて世間話しちゃったし』とその先生。

ちなみに、世間話とは幼稚園の事が話題ではなく、晩のオカズや、小学校のPTA関係の話なんだそうだ。

私にはとっても真似できない。

まず第一に、私は幼稚園での顔とプライベートな顔が全然違う。
家では笑わないし、ほとんど喋らない。
保育の仕事は大好きだが、子ども好きと言うわけでもない。

矛盾しているようだが、寿司職人が家でも毎日寿司を食べるわけではない。
サーカスのピエロが家でもあんなメイクをしているわけでもない。
仕事の延長上にプライベートがあるわけではないのだ。

パート仲間の言葉は、私には驚きだった。とてもじゃないが私はスーパーで園児の母親と世間話なんて無理。
なので、職場が家の近所になった今、郊外の遠く離れたスーパーまでかいものに行っている私であった。

昨日もそのスーパーに行った。
職場から離れているといっても、人数の多い幼稚園なので、市内での遭遇率は高い。

いつもとは違う帽子を深くかぶり、視線は目の前の食材。歩くときに間違ってもキョロキョロしない。気配を感じても視線は近くか遠く。

まるでドラクエのフィールドを歩く気分でアルコール売り場へ向かう。目指すは酎ハイのstrong。
曲がり角を曲がったところで、思わず子どもを乗せたカートと出くわす。

見覚えのある紺の園帽子。

2秒くらいの間があったあと

『あっ!!〇〇先生だ!!ねえねえ、お母さん、〇〇先生いた!!』


親の方は曖昧な表情をしている。
それはそうだ。担任ならまだしも、他のクラス。しかもパートの先生の顔など、覚えているはずがない。

『〇〇組の先生だよ。お兄ちゃん呼んでくる!!』


そうだった…年子の兄がいたのだ。。(〃_ _)σ∥

男の子はカートを降りどこかへ走っていった。

ちなみに、こういう場合、母親には
『先生は今、買い物してるんだから邪魔しちゃいけないよ』と言って欲しいものだ。

間違っても、カップラーメンだらけの買い物かごを覗き込んだり、アルコールを指して『先生、今日は晩酌ですか?』などと言ってはいけない。過去に言われて私は気まずい思いをしたものである。

男の子が去ったあと、私はヘラヘラと怪しげな笑みを浮かべたまま、母親と離れた。

後ろの気配が消えたあと、私はUターンしてアルコール売り場へ。まるで万引き犯のようにお目当てのチューハイをいくつかカゴに放り込む。

今日はツマミを我慢しよう。泣く泣くレジに並ぶ。
視界の隅っこで
『お兄ちゃん、さっき〇〇先生いたんだよ!!』と、チラチラ動く2つの影は、無視を決め込む。

その時、『だしの素』を買い忘れたことに気がついた。レジの前の人は、もう終わりそうだ。行くなら今。しかし、目指す『だしの素』の方角には、2匹の敵が待っている。

私は覚悟を決め、『だしの素』の方向へ走る。

『あっ、いたいた!!』
と、さっきの男の子。

『ははは・・・バイバイ』と私は「今、忙しいんですモード」で横切る。

えっと、だしの素、だしの素…

「ねぇねぇ先生、誰と来てるの?」

「〇〇先生もいる?」
「ねえ、明日も氷鬼の続きしよう」

いや、今は忙しいんだってば!!

隣で立ってた知らないおばさんが、なんの騒ぎかと見ている。

「じゃ。また明日ね~( ´∀`)」

プライベートでは絶対しないスマイルを大奮発。私のスマイルは0円じゃないのよ!!

「待ってー( ´∀`)」

ついてくるな!!

てか、母親はどこへ行った?

私がレジを打ってもらっている最中も、ずっと隣に張り付いていた兄弟。


「ねぇ、お菓子は?お菓子は買わなかったの?」


あんたたちがお菓子売り場にいたからだよ!!


怒りたくなるのをグッとこらえた私。
一応、プロですから。。(〃_ _)σ∥
[PR]
by bonbonmama | 2014-05-28 19:23

栄養ドリンク

やっと・・・・やっと色々落ち着いてきた。

今年度から、煩煩の所属する野球チームの会長兼事務をすることになった。
まだチームに入って一年たっていない私が、先輩ママさんに囲まれ…時にはダメ出しをされ、時には皆をまとめ、時には失敗して頭を下げながらなんとかやっている。

最初は監督やコーチや学校の先生方と連絡を取り意見することが苦手だった。
今でも苦手だが、目上の人たちとの打ち合わせの時には、自分がその人の芸能マネージャーのつもりになることにした。

数回、練習試合や公式戦を無事にサポートできたので、自信がついた。

それから、PTA役員。
こちらは、誰もやる人がいなくて、生活部とかいう部署の副部長になった。
各学年の生活部員が会議で集まり、部長、副部長を決めたのだが、やはり沈黙。

沈黙が我慢できずに、わけもわからず立候補。
四年生の親である私が立候補したら、『じゃあ、私もやるよ!!』と、やけっぱちで部長に立候補してくれた先輩ママさんがいた。
聞くと、彼女、もう何度も役員をやっているらしい。彼女は以前『あの人、好きで役員やってるんでしょ』なんて言われたこともあるとか。
それでも、彼女いわく、『役員はやりたくないけど、子どもは好きだから子どものためにやる』
立派な人だ。この人と一緒ならなんとか1年間副部長を勤められそうだ。

そして、幼稚園の仕事は…

もう、これが一番大変だった。

例の、平成生まれ常識なし空気読めない自信もない…ナイナイ尽くしの新人先生を任されることになり。

私も最初はパートと言うことで遠慮していたのだが、あまりにもクラスの子どもが可哀想な状況を心配していたときに、主任の『思いきりやっちゃっていいです』のGoサインをいただいたので、この38歳、担任離れて10年、ポンコツの私が毎日声を張り上げている。

弱冠、登園拒否になっている子を玄関で抱きしめスキンシップで笑わせる。

大人をなめきっているヤンチャ坊主に何度か本気の説教をした後、またしてもスキンシップで仲良くなる。

担任の先生がフリーズしちゃったときには、手遊びや紙芝居でフォローする。

毎日毎日、声出しすぎ&動きすぎで貯まる疲労…。。(〃_ _)σ∥
新人先生が『次は何したらいいんですか?』と泣きそうな顔でアイコンタクトしてくるときには、思わず『私もこの幼稚園のやり方わからないよ』とこっちが泣きそうになった。

それが昨日。

お弁当を食べ終え、珍しくクラスの子ども達が椅子に座って落ち着いて遊んでいた。

『やっと、やっと何とかクラスの形が出来ましたね。頑張りましたね、先生!!』

新人先生を励ましながら、『頑張ったのは私だよ。。(〃_ _)σ∥#AutoBackup込む。
誉めて伸ばすのだ。誉めるところがなくても…。

こんな感じで日々過ぎていき、blogもやっと更新。

しばらくは栄養ドリンク頼りに頑張る♪
[PR]
by bonbonmama | 2014-05-23 19:59

煩煩の名言

先日、煩煩の学校で参観日があった。
教科は得意の数学。

あまり勉強が好きではない煩煩なのだが、数学と理科だけは毎回100点の理数系男子なのだ。

期待して参観していたが、ちっとも手を挙げない。煩煩には楽勝の問題なのに。

夕食時に私がボヤいた。

『煩煩さ~、参観日くらい頑張って手を挙げてよ~』
と。

すると煩煩が一言。

『能ある鷹は爪を隠す、って言うでしょ…(  ̄▽ ̄)』

いや、あんた…。唯一の得意分野隠したら何も取り柄ないでしょ…。

それから別の日に…

夕食時に絵の得意で、コンクールなどでよく賞を取る友達のR君の話になった。

『あいつさ~絵、すげー上手いんだよ。この前も賞とって、図書券もらったんだって~』と煩煩。

『あんたもさー本気でかけばいいじゃん。幼稚園のころ、あんただって絵のコンクール賞とりまくってたじゃん』

そう。煩煩は本気でかけば絵はかなり上手いのだ。

その時煩煩がボヤいた。


『だってさ~仕方ないじゃん。俺、メルヘンな部分、どんどん少なくなってきてるんだもん…』
と。

ちょっ…メルヘンな部分って!?笑

煩煩の説明によると、子どもの頃に信じていたメルヘンでファンタジーな事が少なくなると、絵も味わいがなくなるんだそうだ。

『幼稚園の頃、俺、すげーメルヘンだったもん』


昔を懐かしむ煩煩であった。
[PR]
by bonbonmama | 2014-05-02 20:46

煩子の名言

我が家の子どもは聞き分けの良い方だ。

やれと言われたことは渋々ながらやろうとする。
布団の上げ下ろしや、洗濯物の取り込み、宿題も絵日記も習い事の練習も、わりと素直に取り組んできた。
だが、そんな状態こそが異常なのだ。

叱られたら怖いと思うのだろうか?それとも反抗する気概もないのだろうか?

そんな我が家の煩子が、最近やたら親の指図にキレやすい。

この前も『友達帰ったなら部屋片付けなさいよ~。』と声をかけたら煩子がキレた。

『今やってる途中なんだってば!!
うるさいな!!』


おうおう、凄い声だな…。煩チビなんかビビってる。

私は何だか感慨深くなってつぶやいた。

『あんたもいよいよ反抗期なんだねー』

と。

それを聞いていた煩煩が『反抗期って何?反抗する時期?』と聞いてくる。


『反抗期ってのはさー、みんな通る道なのさ。いっつもイライラしてさ、親の言うこともうるさく感じるんだよね~。まあ、そうやってみんな大人になるのさ~。いつまでも親の言いなりばっかりでも困るでしょ~。だから、反抗期なんてお母さん嬉しいのさ~』


そのやり取りを聞いていた煩子は、いつの間にかクールダウン。

興味津々の顔で煩子が言った。

『反抗期になったら生理来る?( ´∀`)』


と。


[PR]
by bonbonmama | 2014-05-02 20:22

謎の物体

煩チビがこれを見て言った。
f0222537_21125185.jpg



『道路の棒、抜いてきたの?』

と言われた。。(〃_ _)σ∥

派手でセンス無いのだが、何を隠そう、これは100均の材料で作った『マイクスタンド』なのである。

きっかけは、今日、幼稚園から帰ってきた煩チビが、コーラの空き缶をマイクにして、延々と大熱唱していたからである。

日中、活動時間の60%は躍り歌ってトランス状態の煩チビである。
コーラの空き缶というのも可哀想なので、本格的なマイクスタンドを作ってあげようと思ったのだ。

思い立ったら吉日。
すぐに100均に向かった。

マイクはゲーム機につけてあるマイクを拝借するとして、マイクスタンドは三つの材料がいる。

毛ぼうき(学校にあるような短い毛のほうき)
植木鉢
物干し用クリップ

作り方は自己流。
ようは植木鉢逆さにしたものに、毛ぼうきをぶっ挿せばいいのだが、そのジョイント部分が難所。
考えたあげく、プラスチックの植木鉢をハンダゴテで溶かし穴を開ける反則技。
有毒ガスが出る出る…(絶対に真似しないように。)

そして溶かして開けた穴に、ほうきをぶっ指す。固定はグルーガン。裏の見えないところはガムテなどで固定した。

あとは、ほうきの毛の部分をハサミでじょきじょき。これがなかなか苦戦。
面倒くさくなって、ガムテでぐるぐる巻きにして、赤いマスキングテープでごまかした(だから道路にある棒に見えちゃうんだけど…)

そして、ほうきが木製?だったので、クリップを無理矢理ネジで固定。

で、完成。

雑だけど、かなり気に入った様子。
煩子も欲しがっていたので、もうひとつ作らなきゃ。

f0222537_21111910.jpg

[PR]
by bonbonmama | 2014-04-24 21:01

煩煩との会話

早いもので、煩煩も小学四年生だ。

あの可愛かった(今でも可愛いが…)煩煩が、最近は私と大人の会話をするようになった。

煩煩が一番好きな話は、私のだらけきった高校時代の話。
勉強を全然しなくて、赤点ギリギリ。嫌な教科の時は、美術部の部室でソファーに寝転んで漫画を読んでいたこと。
美術部の部室は、皆で改装してかなりな快適空間だったのだ。

そんな部室に入りたいから、お母さんの高校に進学したい…と可愛い事を言う。

煩煩の成績からいって、死に物狂いで勉強しないと合格しないと思うが…(;¬_¬)

次に煩煩が好きな話は、都市伝説や世界のミステリーや残酷な世界史だ。

宇宙人がいるかいないか…で、かなりの討論が出来るようになった。

私と煩煩の現段階の見解では、微生物かもしくは、自分達が考え付かないような進化を遂げた宇宙生命体は存在するが、人の形の宇宙人は存在しない、と言うものだ。

宇宙人の他にも、時空の空間はあるのか、現在の世界の他にもうひとつの世界はあるのか…と議論したり、アメリカの魔女裁判のドキュメンタリーを二人で観たり。

私と煩煩だけが盛り上がれる話題。

旦那には白い目で見られ、煩子や煩チビに至っては話の内容さえわからない。

こうして、改めて考えると、『息子は母親に似た人を好きになる』の噂は否定できない。

現に私は思う。
物静かで、本が好きで、会話が盛り上がる…
煩煩のような男の子と結婚できれば良かった、と。

いかんいかん、こんな考えは気持ち悪いな。

とにかく、母親にとって、息子は永遠の恋人。
義母ドンだって、旦那をそんな風に感じているに違いない…

…オエッ(´Д`|||)
[PR]
by bonbonmama | 2014-04-24 19:53

担任の先生

極論かもしれないけど、いい先生に巡り会えたかどうかで、小学校生活は決まる。
なにせ、毎日毎日、日中目の前にいる大人は担任の先生だけなのだから。その辺りは選択教科で先生が変わる中学、高校とは違うと思うのだ。

ちなみに、我が家で学校の先生を評価するような話をしたら、夫にものすごく叱られる。
夫も教師をしているので、そのあたりは我慢できないのだろう。
『あの先生、~で困っちゃう』とか『~先生って、子どもに冷たいらしい』なんてポロっと口を滑らせた日には、10倍返しの勢いで叱られる。
『お前みたいな親が学校を駄目にするのだ!!』と。

なので、口に出しては言えないが、先生にも当たりハズレはあると思うのだ。

X町で煩煩が2年間お世話になった先生は、怒るとメチャクチャ恐い男の先生だったけど、クラスの子どもたちを本当に愛しく思っていることが伝わった。

去年、A市で煩子がお世話になった先生は、クラス一人一人の事をよく見ていて、先生から聞くクラスの様子が楽しくて、参観日後の懇談会は大盛況だった。

そして、この4月。

煩子は憧れていた若いイケメンの先生が担任になり、毎日はりきっている。
煩子の席はやんちゃな悪ガキにぐるりと囲まれていて、『大変な班になったのは、私が先生に頼りにされているからだ!!』と使命感に燃えている。

煩煩の先生は、私と同年代の先生らしいが、毎日よく遊んでくれるらしい。休み時間汗だくになって。先生曰く『子どもとたくさん遊べば遊ぶだけ、子どもは話を聞いて信頼してくれる』のだそうだ。

そして、煩煩は1年間サボっていた日記の提出を復活させた。煩子は去年同様、絵日記を提出している。

クラスで日記などの家庭学習を提出している子など他にいないので、最初は恥ずかしがっていた二人だったのだが、先生からのコメントを楽しみにするようになった。

私も小学校6年間続けた日記が、どんな習い事よりも塾よりも財産になっている。
たまに、コメントの代わりに担任の印鑑だけ押して返却する先生もいた。だが、たいていの先生は短くてもコメントを書いてくれた。私はそれが何よりも嬉しかった。

煩煩と煩子の先生は、毎日コメントを書いてくれるようだ。
子どもが眠ったあとに盗み読みすると楽しい。

今日は髪を切りました…の日記の時には、『先生もそろそろ髪を切ろうかな。なかなか時間がないけど』とか。

綿あめを作る玩具で遊びました…の日記の時には『先生のうちにもあるけど、絨毯を汚して奥さんに叱られました』とか。

野球の練習の後、風呂が気持ちよかった…の時には『すごく、すごく、その気持ちわかります!!』とか。

今では私の楽しみになっているのだ。

今年度も、よい先生に担任になってもらって、とてもラッキーだ。
くじ運悪いけど、担任運は最高に良い煩煩家なのだ。
[PR]
by bonbonmama | 2014-04-22 19:36

親心はいずこ?

先ほど、近くにすむ煩煩の悪友A君と、その若いパパが、我が家の玄関を開けて言った。

『近くの公園で3人(煩煩、A君、A君パパ)でキャッチボールしよう♪』
と。

私は嬉しかったので、居間にいる旦那に聞こえるように言った。

『わ~良かったね、煩煩。なかなかキャッチボールの相手いないもんね。』

と。

私はも近頃は旦那ともあまり喋らないし、もちろん怒ったり喧嘩することもなくなった。
それでもたまに、どうしても腹立たしく思うことがある。
今日もそうだ。

今日は朝の8時から上の子二人の参観日に行っていた。煩チビを連れて。

帰ってきて急いで朝食を作ったあと、朝にできなかった洗濯をした。

そうしたら、旦那が『子どもの自転車の空気を入れてあげたいが空気入れが壊れている』と言う。
そして無言の圧力…はいはい、買ってくればいいんでしょ。と、片道10かけて空気入れを買ってきた。

空気を入れると、乗りたくなるのが子ども。煩子や煩チビの自転車の練習に付き合ってほしかったのだが…旦那はゲームに夢中で知らんぷり。はいはい、私が付き合えばいいんでしょ。と子どもに付き合う。

そのうちに、煩煩がキャッチボールをしたいと言い出した。旦那に相手になってほしかったので、『煩煩がキャッチボールしたいんだって。』と声をかけるが、無視される。はいはい、付き合えばいいんでしょ。私と煩煩は公園でキャッチボールをする。

私のキャッチボールがあまりにも下手くそだったからだろう。
どうやらマンションから見ていたA君とそのパパが相手をしよう、と誘いに来てくれたのだ。

半日もゲームしていた旦那は恥ずかしくないのだろうか?
旦那の良心や親心に期待する私がバカなのだろうか。

あっ…子どもたちが帰ってきた。
さて、晩御飯を食べさせよう。
旦那にも食べさせなきゃいけないのが腹正しいが。
[PR]
by bonbonmama | 2014-04-20 17:41