子どもと遊ぼう!夫を愛そう!人生を楽しもう!!保育士・煩煩ママの元気が出るBLOG。


by bonbonmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年 04月 29日 ( 1 )

料理が苦手

一緒に仕事(高齢者の教室)をしているTさんは料理上手だ。
Tさんは60歳。
介護ヘルパーとして、長年、味にうるさいお年寄りに料理を作ってきただけあって、そのへんの調理師より美味しい家庭料理を作る。
Tさんからみたら、私の料理の腕が、よほど悲惨に見えるらしい。

Tさん「漬け物はどんなものを漬けるの?」
「え~っと・・・いつも浅漬けの素を使ってます・・・。」
その翌週、絶品のぬか漬けと、山ワサビをタッパーでいただいた。

Tさん「美味しい昆布を頂いたんだけど、いる?」
「昆布は使いみち無いからいいです。いつも粉末のダシの素を使ってるんで。」
その翌週、昆布でダシをとった、お吸い物(ユバと三つ葉の具も)をビンに入れていただいた。

頂いたモノは、美味しい。
普段は「美味い」とも「不味い」とも言わない旦那が、
「美味い、またもらってきて!」と大絶賛するほど美味しいものばかりだ。

Tさんと仕事をしていると、私ももっと料理上手になりたいな~とつくづく思う。

「料理は苦手なんです~テヘ(´∀`*)」が通用するのは、せいぜい20代前半までだろう。

なんだかんだで、私も今年35歳だし。
これでは、単なる料理もできない「おばさん」なのだ。

そんな、料理ができない35歳の私と、料理上手な60歳のTさんが、昨日、調理実習の仕事をした。
調理実習は、月に一度。
昨日のメニューは、「タコ焼き」(ポン酢で食べる)と「お吸い物」と「果物のデザート」

私がキャベツのみじん切りをしたら「まだ太いのがある・・・」と、84歳のお爺ちゃんが、細かく切り直し。
足手まといにならないように、キウイフルーツの皮を包丁で剥いていたら、見かねたお爺ちゃんに横取りされてスルスル剥かれ。
一緒にタコ焼きをひっくり返していたお爺ちゃんに「あ~あ~、先生。もっと丁寧に返さないと。グチャグチャだわ」と呆れられ。

こんな感じで、調理実習の時には、私の株が大暴落。

そんな私を、Tさんは、「一年で料理上手にしてあげる」と意気込んでいる。
本人曰く、「もう一人、出来の悪い娘が出来た気分」なんだとか。笑えない。

今後、指導官Tさんの頑張りに期待したい。
おそらく、私は、誰よりも手こずる生徒だと思う。

先週、友人からパイナップルをもらった。
どうやって食べたらいいのかわからず、包丁でガツガツと皮を剥いた。
トゲトゲと格闘すること10分。
ほとんど実が無くなってしまった。

こんな私が、料理上手になれるのだろうか・・・・。





★★★BLOGランキング参加中★★★

f0222537_1943332.jpg

←コメントの代わりに、ポチッとお願いします。
(1クリックで自動的に投票されます。)

人気ブログランキングへ
↑携帯からはこちらをポチッとお願いします
[PR]
by bonbonmama | 2010-04-29 18:00 | 日常